低予算で介護事業をはじめたいなら|やさしい手のFCを利用すべし

介護サービスを独立開業で

シニア女性

支援サービスを有効に使う

介護を専門にした新規事業を立ちあげるには、かなりの知識や経験、技術などが伴います。介護は今後の超少子高齢化とともに無くてはならない存在となるので、事業性の高さが伺えます。この介護サービスを提供する企業として「やさしい手」がありますが、フランチャイズ加盟を結ぶことが可能です。やさしい手が提供するフランチャイズは、ディサービスや訪問介護をメインに開業支援をされています。加盟金や保証料、研修費、開業諸経費などが必要になりますが、やさしい手独自の経営ノウハウをしっかり取り入れて事業を立ちあげることが可能です。そのため、介護にまったく知識がない方や、これから新規参入してみたい方にはとても重宝する支援制度と言えるでしょう。とくに、徹底した研修制度は、短期間ですべてを盛り込んだ講義と実地による指導なので、初めての方も短期間で学ぶことができます。また、店舗を運営するための経営ノウハウやシステム、マニュアル、商品に至るまですべてが揃っています。したがって、失敗というリスクも抑えられ、余計な投資費用もかからないため、介護事業を運営するのであれば利用する価値は十分にあるでしょう。経営面やスタッフの教育、地域連携・医療機関との連携、介護に関わる情報提供など、事業を運営することに必要なものはすべて、SV支援によって手厚いサポートを受けられます。事業の検討から設立、運営、事業展開まできめ細やかな対応に力を入れているのが、やさしい手の支援制度なので、介護事業の新規参入を検討している方には、利用しない手はありません。

Copyright© 2017 低予算で介護事業をはじめたいなら|やさしい手のFCを利用すべし All Rights Reserved.