低予算で介護事業をはじめたいなら|やさしい手のFCを利用すべし

資金繰りが苦しいときは

模型

債権を現金化する方法

中小企業をはじめ、キャッシュフローの問題で頭を悩ませている企業は少なくありません。運転資金調達の方法として、金融機関からの借入が一般的ですが審査に時間が掛かりすぎたり、なかなか通らなかったりする場合もあります。そこで今回は「ファクタリング」という方法をご紹介します。・ファクタリングとは売掛債権を第三者である専門業者に買い取ってもらうことで行う資金調達方法を指します。例えば、3ヵ月後に入金される予定の売掛金100万円を、ファクタリング手数料を引いた80万円で買い取ってもらい、1週間後に入金してもらう、という流れで行われます。・メリットファクタリングを利用すると債権をすぐに資金化できるほか、様々なメリットがあります。まずは、売掛債権管理・回収の手間を省けるという点です。複数の取引先から入金される売掛金を管理するのは手間が掛かりますが、ファクタリングでは一括して債権を買い取ってもらいます。その為、買取後の管理はすべてファクタリング会社に任せることができます。手形や振込みで回収を行う場合には、手数料などの発行コストが都度かかりますが、一括買取の場合にはそのコストも削減できるため、売掛先にとってもメリットがあると言えます。更に、売掛金の回収ができなかった場合の損失はファクタリング会社が負担すると言うメリットもあります。売掛先の倒産などで、債権を回収できなくなってしまっても、買取後であれば責任を負う必要はありません。また、ファクタリングは借入れではないため、貸借対照表上の負債には計上されません。以上のようにメリットの多いファクタリングですが、手数料が掛かるため、一般的な融資やビジネスローンに比べてコストが割高になる場合もあります。手数料は、売掛先の信用度や金額などにより変わってくるのでいくつか業者の候補を挙げて見積もりを取ってみると良いでしょう。

Copyright© 2017 低予算で介護事業をはじめたいなら|やさしい手のFCを利用すべし All Rights Reserved.