低予算で介護事業をはじめたいなら|やさしい手のFCを利用すべし

手元に資金がほしいなら

男女

業者の選び方

ファクタリングとは、売掛金を手数料を支払って買い取ってもらうシステムのことです。建設業などでは、売掛金の発生から回収までの周期が長くなる傾向にあるため、売掛金や新規発注が発生していて実際は黒字であるのに手元に現金がないという事態が発生しがちです。このようなときに銀行から融資を受けられればよいのですが、近年は融資基準も厳しくなってきているため、受けられないケースも多々あります。そのような場合にファクタリングは一つのよい資金調達手段といえます。ファクタリングのメリットは、審査が簡単であること、入金までが早いこと、資金繰りがよくなり経営がスリム化できるということなどです。一方、デメリットとしては手数料が高いということです。売掛金がある取引先に通知するタイプのファクタリングでも1〜3パーセントほどかかるのが通常で、取引先に通知しない二社間取引の場合は10〜20パーセントもかかることもあります。様々な会社からファクタリングサービスは提供されていますが、選ぶときは手数料、会社の信頼性などを加味して選ぶと良いでしょう。手数料は二社間取引か三社間取引かで大きく異なるので、自社ならばどちらを選ぶかを考えてチェックしなければなりません。三社間取引の方が手数料が安いので魅力的に感じるかもしれませんが、取引先に手間をかけてしまうということと、資金繰りへの不安が知られてしまうというリスクがあります。それを差し引いても手数料をとるのかをまず考えねばなりません。

Copyright© 2017 低予算で介護事業をはじめたいなら|やさしい手のFCを利用すべし All Rights Reserved.