低予算で介護事業をはじめたいなら|やさしい手のFCを利用すべし

フランチャイズによる独立

車椅子

活用するための仕組みとは

少子高齢化に伴い介護事業に先見の明があることをわかりつつも、独立開業するのが難しいと考える方も多くいるのが現状です。独立開業には、知識や技術、経営のノウハウなど専門的要素が必要となるため、未経験者や実績のない方による独立開業は至難の業といえます。そこで、未経験者でも独立開業できるシステムがフランチャイズで、介護サービスを提供する「やさしい手」でも加盟店を募集されています。この、やさしい手が提供するフランチャイズの仕組みは、介護サービスの経営ノウハウを提供するフランチャイザーのやさしい手が、独立開業を目指す方であるフランチャイジーに、特権を与えて新規事業の立ちあげをサポートするのが目的です。いわゆる加盟契約といい、ロイヤリティである毎月の売り上げ総額から5%を支払うことで、事業立ちあげから経営に関するすべてのサポートを受けることができます。また、やさしい手のフランチャイズ加盟には、加盟金の200万円と保証料の50万円、研修費100万円、運転資金や開業諸経費の2000万円前後を支払うことで、約6ヵ月から1年ほどで開業できるのが特徴です。その理由には、介護事業に必要なものすべてを講義研修や実地研修によって、受講を短期間で受けられることにあります。そして、開業するための申請手続きから運営方法、相談、支援などSV支援制度によって的確で濃密なサポートが受けられるのもポイントです。やさしい手のフランチャイズ加盟店は、訪問介護や通所介護、居宅介護支援事業を専門的に開業支援されています。そして、契約期間は3年で更新時には加盟金の5%を更新料として支払うシステムとなっています。このフランチャイズ加盟を受けることで、未経験者や知識のない方でも短期間で独立開業できる仕組みとなっており、やさしい手の大きな利点なのです。

Copyright© 2017 低予算で介護事業をはじめたいなら|やさしい手のFCを利用すべし All Rights Reserved.